粉瘤・脂肪腫

粉瘤について

皮膚の下部に嚢胞という袋状の病変ができ、そこに老廃物(古い角質や皮脂など)が溜まっている状態を粉瘤と言います。アテロームとも呼ばれ、良性腫瘍の一種です。 粉瘤は、自然治癒することはないので、手術で治療を行っていきます。局所麻酔を行い、皮膚を切開してから嚢胞ごと取り除く摘出手術をします。

化膿性粉瘤とは

粉瘤に細菌が侵入して炎症を起こした状態を、化膿性粉瘤と言います。症状は、患部が赤く腫れあがり、痛みを生じます。治療方法は、まず炎症を落ち着かせることが第一です。炎症が落ち着いた段階で嚢胞ごと取り除く摘出手術を行いますが、手術前に「抗生物質の投与」と「切開排膿」の2つの方法があります。
炎症がそんなに酷くない場合には、「抗生物質の投与(内服)」を行い、炎症が酷い場合には、局所麻酔をし、皮膚を小さく切開して膿を外に出す「切開排膿」によって、炎症を落ち着かせます。

脂肪腫とは

脂肪組織からなる、皮膚にできる良性の腫瘍を脂肪腫と言います。明確な原因が分かっていません。脂肪腫も粉瘤と同じように、放置したままにしておくと大きくなることがあり、手術療法以外に治療法がありません。

粉瘤・脂肪腫の治療方法とは

粉瘤や脂肪腫が小さい場合は、患部の局所麻酔で腫瘍摘出術を行います。できるだけ傷口を小さくするため、嚢胞を丁寧に取り除きます。
粉瘤が大きい場合は、切開排膿を行ったあと、可能な限り嚢胞の壁を掻把します。再度膿が溜まらない(再発しない)ように清潔にしていきます。また、切開排膿後、炎症がおさまってから、嚢胞ごと摘出するという二期的手術の方法もあり、症例ごとに選択されます。
粉瘤ができる部位やその大きさによって、局所麻酔だけではなく、静脈麻酔や吸入麻酔などを併用して摘出手術を行います。この場合は総合病院に紹介となります。

手術後の痛みについて

手術後の痛みは、ほとんどの場合が抗生剤と痛み止めでコントロールが可能です。

通院について

摘出手術後、1~3日以内に通院していただき、その10日後に再度傷口を確認して特に問題がなければ治療完了です。ただし、粉瘤が大きい場合は経過観察が必要で、通院回数がその分多くなります。術後は、傷口を清潔に保つために、ご自宅で患部を洗っていただく必要があります。

治療費について

粉瘤・脂肪腫の手術は保険適用となります。また、粉瘤や脂肪腫の大きさや治療個所、麻酔の方法によって治療費が異なります。

露出している部分の粉瘤

粉瘤の大きさ 3割負担
2cm未満 5,310~5,910円
2~4cm未満 11,340~11,940円
4cm以上 13,410~14,010円

※病理検査やエコー検査によって料金が変動します

露出していない部分の粉瘤

粉瘤の大きさ 3割負担
3cm未満 4,170~4,780円
3~6cm未満 10,020~10,630円
6cm以上 12,810~13,420円

※病理検査やエコー検査によって料金が変動します

TOPへ